ランサーズ・クラウドワークスで稼ぐためのポイントを紹介するよ!

クラウドワークを使っているけど、先が見えない…という方、いませんか?




提案が通り、仕事を受け、納品して、
また提案して、仕事受けて、納品して…



結局、提案することが多くて、仕事するまでの手間が多い!!

やってもやっても単発で終わるので、なんか無駄が多いっ!!




僕はそんな現象に陥ったりしました。





今日は、そんなクラウドワークで消耗している人に向けて記事を書いたよ!
なので、既にライティングで利用している人向けっていう感じです。


ちなみに僕は、ランサーズクラウドワークスを利用しています。




・クラウドワークがしんどくなってきた方
・継続案件がとれずに苦しんでいる方
・脱、初心者になりたい方



読んでみてねー



↓まだ、登録していない人はこちらの記事を



安い案件はこなさない

当たり前ですが、稼いでいくためには文字単価が重要です。


ライティングの場合は、1文字単価を計算すると0.3円のものや、0.5円のものなども多く、
読みやすい記事の平均文字数の3000文字を書いても、900円や1500円。


記事を書くためのリサーチや、画像の挿入などが入ると、より時間がかかり、時給に換算すると100円に満たない…なんていう場合もあり得ます。




最低でも文字単価は1.0円以上、画像挿入などの作業がないものを選ぶことを強烈にオススメします。


ランサーズも、クラウドワークスも、文字単価の検索ができるので、探し出すのが簡単です。




案件の数は、クラウドワークスのほうが多いですが、ランサーズでも毎日1.0円以上の案件は新着があるので、こまめにチェックすることが大切。

なぜなら、

応募締め切りに余裕があっても、良い提案があればクライアントがその人を採用することができるので、良い案件ほど早期に締め切られてしまう場合があるからです。




実際に、良さそうな案件を見つけたものの、「まぁ、あとでまとめて提案すればいっか」なんて悠長にしていたら、既に締め切られていたことがありました。

ですので、気になるものを見つけたら、すぐに提案することをオススメします。




評価を貯めるためるために、少し安くてもできそうな案件をやることもありますが、基本的には文字単価1.0円以上の案件を選ぶところからスタートしましょう。



クライアントを集中しない

徐々に仕事が取れるようになってくると、
・書きやすいジャンルの仕事をくれる
・レスポンスが早くて不安がない
・やりとりしてて、いい感じ
など、

自分にとってストレスなく仕事ができるクライアントさんと出会うことがあります。



相手方も仕事を色々と提案してれますし、こちらも継続的に仕事がくる安心感を得られますが、ちょっと注意が必要です!



サイトの運営が終了したり、
元々3ヶ月までしか契約する予定しかなった、など、

急に仕事が終わることもあり得ます。




他に良いライターさんがいると、クライアントさんもそちらを選ぼうとして、それ以降の仕事が来なかったり、
「契約を切られたくない!」と継続したい一心で続けようとすると報酬は変わらないまま仕事が増えた状態で契約が更新されたり、

自分にとって不利な条件を飲まざるを得なくなります。



僕の場合は、まとめて仕事をいただけるうちは良いのですが、その仕事に集中してしまうと、改めて提案をすることがなくなり、おのずと1人のクライアントさんに集中する形になっていました。

そして、案件が全て終わったら、契約も終了。
ということがあったので、クライアントを1人に集中しなければ良かった!

と、今は思っています。




5人くらい気持ちよく仕事ができるクライアントさんを見つけておくと、もし1人と契約が打ち切りになってしまっても、4人クライアントがいると、心理的負担も軽いですし、収入が大幅に下がってしまうことを防ぐことができます。

あの頃の自分に「クライアントは分散しろっ!!」と、言ってやりたいです…



単価の交渉をする

クライアントさんが5人くらいまで増えてきて、相手の評価や信頼を得られてきたな、と感じた頃には、単価の交渉をするタイミングだと思います。


僕は、抱えているクライアントさんの中で、1番条件が悪かったり、仕事がしづらいと感じている方へ単価の交渉をしました。

もし、単価が上がらなかったとしても、
信頼があると自然と仕事は依頼してくださいますし、
最悪、クライアントさんとの契約が切れてしまっても、「他のクライアントさんがいるから構わない!」という気持ちのまま進めることができます。



仕事を続けていたら単価を自然と上げてくれるクライアントさんもいると思いますが、自分から交渉しないと単価は上がらないので、
信頼と評価が溜まってきたかなと感じていれば、単価交渉は積極的にするべきだと考えています。



単価を上げてもらうようにしたやり方もご紹介します。
様々なやり方はあると思いますが、僕はこの3つのやり方を使って、時給単価を上げてきました。


プラスの仕事をするので、単価を上げてもらう

例えば、タイトルなど構成を提示されてライティングをしている場合は、構成も自分で行うので単価を上げてもらうように交渉します。

自分のできる仕事量を増やしてもらうので、単価を上げてもらう方法ですね。



仕事が増えて、ちゃんとできるようになるか不安…という場合は、
「3記事ほどトライアルという形で作成させていただけませんか?」
というように、お試し期間を設けるとクライアントさんも、それならやったもらおうか、という考えになりやすいと思います。


単価はそのままでいいので、面倒な作業を減らしてもらう

ライティングの中には、文章作成だけでなく画像の選定や、WordPressというブログに入稿して装飾もお願いされる場合もあります。

文章は作れるが、そういった作業がつらい…という場合は、思い切ってその作業をしないように交渉してみましょう。


やることが減っても報酬が同じということは、時給換算すると上がっていることになるので、苦手な作業は減らしてもらうように交渉してみるのもオススメです。


他のクライアントさんに比べると単価が低いので上げてもらえませんか?と交渉した

やり取りするクライアントさんが増えてくると、文字単価にも差が出てきます。

最初はどのクライアントさんも1.0円で受けていたのですが、
1人ずつ1.2円へ文字単価をあげるように交渉をし、一番単価の低いクライアントさんに「現在の仕事量では文字単価1.2円以上の案件しか受け付けておりません。ですが、是非とも継続してお仕事したいと思っているので、単価を上げていただけないでしょうか?」という文章を送りました。

ちょっと強気なやり方ですし、結果はまちまちでしたが、他のクライアントさんがいることによって、下手に出る必要がないという精神的な安心感はとても大きかったです。


音声入力を使ってみよう

MacBook、iPhone、androidなど、パソコンでもスマートフォンでも音声入力が使うことができます。

apple製品を使っている方はsiriの呼び出し、androidを使っている方は「ok google」など利用したことがあるのではないでしょうか?

実は、その音声入力を利用して記事の作成をすることが可能です!


私がよく利用しているのは、グーグルドキュメントという、ネット上で作成した記事の保管・共有などができる文章作成ツールなのですが、基本的にこれを利用して記事作成をしています。


appleでもandroidでもダウンロードできるアプリですし、音声入力の精度も数年前より上がっているので、完璧とはいかないものの、大枠は言葉で入力し、修正はパソコンで行うようにすることによって、記事作成のスピードが劇的に上がりました。


今までは、タイピングでは1000文字入力するのに1時間ほどかかっていましたが、音声入力を使うと、15分ほどで1000文字入力することができます。

しかも、喋るだけなので、パソコンを触ることができない移動中や、車の運転中に使用することも可能です。
(運転中の利用する場合は充分に気をつけてくださいね!)



そこから修正をかけると、1000文字は15分程度で作成できるようになり、
音声入力で15分、修正で15分の合計30分で完成させることができます。


最低1文字1.0円の案件をこなしているので、時給単価にすると2000円です。場所に縛られずに好きな時間で時給2000円ってことを考えると魅力的に感じませんか?



メッセージのやり取りは淡白にならないようにする

仕事としてのやり取りですし、最初のうちは硬い挨拶になってしまうのは仕方ありませんが、
パソコン上でやり取りしている先にいるのは人ですので、思いやりのあるやり取りにしたいですよね。


「〇〇という内容で執筆をお願いできないでしょうか?」というメッセージに、
「はい。」だけだったりすると、冷たく感じませんか?


ビックリマークを乱用する、顔文字を必ず入れる、というほど極端ではないですが、顔もわからない人だからといって相手が不快に思ってしまわないようなやり取りをしましょう。
文面から伝わる人柄で、クライアントさんも仕事をお願いしやすくもなると思います。



僕の場合は、クライアントさんがビックリマークを使用したら、こっちも使用する!
というように、同じくらいの温度感を意識してメッセージのやり取りをしています。


まぁ、ほとんど、こちらから失礼のない範囲にくだけるようにすると、先方もくだけてくれることが多いです。


この動画をみるべし!

もうね、丸投げで申し訳ないけど、有益すぎる動画があるのでみてください。

もう、僕の記事読まなくて大丈夫なくらいです…
↑ネガティブ



25分ほどの動画で、これをみればとってもイメージが湧くと思います。


まとめ

稼ぐって大変です。



ふと、
「これならバイトのほうがラクかも…」



なんて思うタイミングもあるかもしれませんが、

・場所に囚われることなく
・シフトもなく
・自己責任で収入をコントロールできる

こういったところにも魅力があるので、諦めずに続けていこうかと思っています。



やってみて、ダメであればやめることもできるので、それもアリだと思います。

時間をかけても苦ではないこと。
それって、才能だと思うので、苦にならないものを探しましょう!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です