なぜ日本人の給料が上がらないのか?働けどもラクにならない5つの要因

働けど働けど、

「全然、給料上がらない…」

そんな風に感じたことはありませんか?




僕も
「働いて結果も出して、売上あげても、給料あがらん!!」と、
感じたことがありふれておりました。

(その思いがあったので、フリーランスになったのですが…)





ネットで見つけた記事を見つけて、
「給料あがらないけど、なんで?」と感じていた謎を、簡潔に説明してくれている!と思ったので紹介します。




結論から言うと
「国のせい」




なんとなくそう感じている人も多いと思いますが、なぜなのか?をまとめてみました。

「やっぱ国のせいだよねぇ〜」って「知る」だけにしてしまうと結局そのままで何も変わりません。


「国のせいだと思っていたけど、こう言う内容だったのか!」と「理解する」のでは、今後の行動の変化につながると思います。



ってことで、説明するよ!

ちょっと暗い話だけど、さらっと読めるよ。




1990年の平均給料から7万円しか増えてない?

参考サイト

1990年の平均給料が425万2000円。

40万円ほどあがった、1997年の467万3000円をピークに、

2017年は432万2000円まで下がる。




途中40万ほどあがった給料も、1990年から見ると、7万円しかあがっていないのが現状のようだ。

考え方を変えると、
1997年に生まれた(平成9年生まれ)以降の人は、給料が下がり続けている中を生きていることになる。

現在、21歳の人はお金を稼ぐ・裕福になる。と言うイメージが持てないのも無理はなさそう…

現在34歳を迎える僕も、働いても裕福になるイメージはできなかった。(まぁ、社員経験がないので、何の説得力もないが。)



増えていない給料なのに、
税金はあがり・保険料はあがり・特別復興支援による税金もでき・物価も上がる。



もはや、20年前の100万円は、今では90万円くらいの価値へと目減りし続けてるように感じます。



①労働組合の弱体化

労働者の味方であるはずの労働組合。

日本はバブル崩壊によって1990年代以降、景気後退を余儀なくされた。


その時に、人員カットで対応するのではなく「雇用を維持しながらも賃金で調整する」という方法がとられたそう。

そこから、労働組合が企業と戦うと言うよりも、へりくだる形が完成した。
当時は苦肉の策だったのだろうが、現在もその体勢を引きずり続ける限り、労働組合の意味合いはとても弱い。



②非正規雇用の増加

これはもう言わずもがな。

アルバイトとフリーランスしか経験がない僕からしたら、あまり魅力はないのだが、未だに正社員神話は根強い。

特に、親の世代!
ってか、親の世代だけ!


どの企業も売上があがらず、正社員を雇う金銭も責務もおえない。非正規雇用が増えるのは当たり前ですね。



③少子高齢化

定年退職が60歳から、65歳に変わってからだいぶ時間が経ちました。

子供が少ないのも周知の事実。



これからはもっと高齢者が働く姿を見るようになり、若い人・労働者が少なくなる分、外国の労働者が増えていくのでしょうが、
「日本で働きたい!」と思っている外国の人が減っている印象を持っています。


だって、「過労死」ってヤバいよね!


当たり前の言葉として浸透してるけど、
「働きすぎて死ぬって何?何のために働いてるの?日本人っ!!」


って、思われてるはず。



④内部留保を貯め込んで賃金を上げない経営者

利益あがっても、社員や社会に還元せずに、溜め込む経営者ってことですね。


もしくは、コンビニのフランチャイズ契約で、粗利の6割は支払ってもらうよ!
という高負担を強いるような経営モデル。


貯金を貯めこむのが美徳。


という価値観の影響も大きいのかもしれない。



⑤規制緩和の遅れがもたらした賃金低迷

日本はクオリティが高いものが、安く手に入れることができる!

これってとっても素晴らしい!


ただ、通信・交通エネルギーなどの公共料金分野は、国の規制緩和が遅れ、業界参入が遅れた。

今では、電気自由化や、通信業界3大キャリア以外も参入できるようになったが、まだまだ後発だ。

業界に参入しなければ、価格競争は起こらない。
そのしわ寄せを受けているのは、パートタイマーや、雇用形態にかかわらず低賃金で労働を強いられている人たち。




要は「国のせい」ですね。




そんな背景もあり、今ではフリーランスやってます。

「生活いつまで経っても楽にならんわー」という方、まずは自分のミニマムコストを知りましょう。


↓あわせて読みたい


最低いくらお金があれば生きていけるのか?
答えられますか?

それがわかると、ぐっと気持ちが楽になります。





まとめ

自分で書いてて、気持ちが暗くなってきた…


でも、今の時代ってやっぱりいいなぁ〜って思うんです。



SNSの発達で個人の声や、生の声をきくことができるし、
スマホは生きていく上で、手放せないくらいの機能があるし、
でもスマホ代なんて数千円で持てるし、
Wi-Fiまちなか飛びまくっているし、
インターネットのチカラで、お金を稼ぐ方法はいくらでもあるし、
所持しなくてもシェアで家も車も利用できる時代だし、
LCCの発達で移動費用は劇的に安いし、






今の時代のデメリットをあげればいろいろあるけれど、

それをあげたところで現状は好転しない。



今のメリットを最大限に利用して、

自分の幸福度を最大限に広げていこうと思います。







もしも、

フリーランスに興味がある!
という方は、

「田舎フリーランス養成講座」がおすすめです。

田舎フリーランス養成講座

https://inaka-freelance.jp

hただ、スキルを身につける場ではなく、

考え方や行動指針も学べたり、
現役のフリーランスから学ぶことができたり、
フリーランスとしての土台を作ることができるので、

小手先の技術だけを学ぶところではないので、おすすめできます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です