田舎フリーランス養成講座が終わり、思ったこと

 

 

田舎フリーランス養成講座、通称いなフリ。

 

終了して、1週間ほどして色々考えていたのですが、

「そうそう!それを言いたかったの!!」

と、思えるツイートがありました。

 

 

それが、この先生のツイート

 

「いなフリの価値って大きく3つな気がする

1. フリーランスの同士ができる

2. 新しい知識が入る

3. 方向性とやるべきことを明確にしてもらえる

特に3の価値が大きいと思う。

自分の方向性って自分ではよく見えないし、 毎日やるべきタスクを明確にするのは慣れない人にはほぼ不可能。」

 

 

そう!それを言いたかったんだ!!

さすが先生!!!

 

スキルを身に付けるために参加

受講の理由は、場所に縛られない収入を得たかったから。

 

結果はどうだったかというと、割と成功しました。

ライティングという手段を選んだのですが、講師の方のお陰で、嫌いにならずに続けられそうです。

 

あとは、自分で経験して磨いていくだけです。

 

これだけで、当初の目標は達成なので、良いことなのですが、

なんでいなフリがこんなに良かったんだろう?というと、その目標達成以外のところにありました。

 

 

スキル以上に得られたこと

先生のツイートにもあった通り、

フリーランスの同士ができる

方向性とやるべきことを明確にしてもらえる

この2つが、有意義な時間だったと思える大きな要因だった。

 

フリーランスの同士ができる

パーソナルトレーナーとしての活動もずっとひとりで試行錯誤してやってきました。

でも、いなフリであったメンバーとは、1ヶ月を一緒に過ごしたメンバーとの繋がりが心強い。

方向性はみんな違うものの、どれだけ僕の安心感に繋がったことか。

 

方向性とやるべきことを明確にしてもらえる

パーソナルトレーナーとしてのクライアントはどんどん減らしていき、ゼロにするつもりだったのですが、

オンラインでも、このスキルを活かしていくことができないか?という思考に変わり、

いなフリ最終週で、ごろっと方向性が変わりました。

 

↓こんな感じで変わりました。

田舎フリーランス養成講座終了!それは、物語のはじまり。

 

 

だからこそ、有意義な時間だった

「自分がなりたいと思う方向へ進んでいく」

という、目標の達成だけではなく、

 

「客観的に見る、自分の強みを活かした方向の提示」

という、第三者からみた方向性の提示が、僕にとって大きな発見でした。

 

 

期待していなかったけど、心のどこかで求めていたような提案をしてもらった。

そんな感覚がありました。

 

 

予想を超えて、自分の将来がより楽しくなるようなことが起きたので、

有意義な時間だったんだなぁ〜と、今になって思います。

 

 

 

先生のツイートのお陰で考えがまとまりました。

さすが、先生です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、会ったことないんですけどね。笑

 

 

先生を勝手に連呼させていただきました。

 

 

 

 

話は変わりますが、足の人差し指が長くて、靴と靴下が苦手です。

冬でも極力サンダルを履くのですが、

先生のブログにある、これを作ってみたい…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です