健康のために咀嚼をしよう!効果や体験談をかいてみるよ。

 

「30回咀嚼しよう!」



みたいなことを小学生の頃に言われたのを覚えています。

 

いやいやいや、そんな噛むの面倒臭くてやってらんないよ!

そう思ってました。

 

 

でも、リサーチや実体験してみて思ったことは、

 

「お金のもかからないし、

効果も大きいので、コストパフォーマンスが最強」

 

 

 

 

今日は、「咀嚼」についてのお話です。

 

  • 胃腸が弱いと感じる方
  • 口・喉の乾燥、虫歯の予防をしたい方
  • 口臭の改善したい方
  • 脱・濃い味
  • お通じを良くしたい、太りにくいカラダになりたい方

 

そんな方に読んでほしいです。

 

 

結論は、「咀嚼しよう」

 

 

 

 

咀嚼することの効果

そりゃ、メリットを感じないとやる気になりませんよね。

どんな効果があるのか紹介します。

 

胃腸の働きを促進する

食べものがきちんと咀嚼されないと、胃腸障害や栄養の偏りの原因となりがちです。

よく噛んで、消化酵素がたくさん出して、

食べ物を細かくして消化の手助けをします。

それ以上に、唾液と食べたものを混ぜ合わせることが重要!

 

実は、胃腸は「第2の脳」と呼ばれています。

ストレスで胃に穴が開くとか、聞いたことありますよね?

それだけ脳の影響を受けやすい部位なので、余計な負担を減らすためにも、咀嚼って重要ですよ。

 

 

歯の病気を防ぐ

よく噛むと唾液がたくさん出て、口の中をきれいにします。

この唾液の働きが、 虫歯になりかかった歯の表面をもとに戻したり、

細菌感染を防いだりして、 虫歯や歯周病を防いでくれます。

 

口が乾燥しやすい方は要注意!

口に粘り気を感じる方も咀嚼回数増やしましょう。

 

口臭が気になるという方のほどんどは、唾液が少ないかも。

マウスウォッシュを利用して対処するよりも、

水を飲んで、咀嚼回数増やしたほうが、根本的に改善すると思いますよ!

コスパ最高!

 

 

味覚の発達

よく噛むと、食べもの本来の味を感じやすくなります。

濃い味に慣れると、薄味って物足りないですよね…

 

でも、よく噛んで食材そのものの味を感じるようになると、

「いままでこんな濃い味のものを食べてたんだ…」と、気付くことができますよ。

 

味が濃いものは大体が「塩分」が高めなんです。

日本では1日の摂取量は「6〜8g」にしましょう、といわれていますが、世界基準は「5g」です。

 

塩分摂り過ぎは、高血圧・心臓への負担増加などのリスクが上がると言われているので、

薄味でも食事を楽しめるカラダになるためには、咀嚼って大事。

 

 

肥満を防ぐ

胃に何かが入ってから、もう充分だよ!と、脳がサインを出すまでタイムラグがあります。

 

喉が乾いたからといって、満足するまで水を飲んだら、カラダにとっては多すぎな状態になるし、

お腹が空いたからといって、満足するまで食べ続けたら、カラダにとっては多すぎな状態になります。

 

なので、喉が乾いて水を飲むとは徐々に飲んで、脳からのサインを待ったほうがいいですし、食べ物も同じです。

 

カラダ的には充分なのに、満腹中枢が働く前に、食べ過ぎてしまうので、

その結果、余分に食べすぎてしまうことがあります。

 

よく噛むと、薄味でも満足できるし、食べ過ぎてしまうことも予防できます。

ダイエットの基本ですね。

 

 

 

他にも、

がんの予防とか、

発音はっきりとか、

脳トレになるとか、

様々な効果が期待できます。

 

 

気になる方は、栄養士会や、歯科医師会の記事を読んでみてくださいね。

 

 

柔らかい食品が増えたので、咀嚼回数は少なくても飲み込むことはできますが、

ちゃんと噛むことの効果は絶大です。

 

 

僕の実体験

「30回咀嚼する」

だと数えるのが面倒すぎるので、

 

「〇〇分時間をかけて食べる」

という意識をするようにしました。

 

そうしたら、

 

1、口臭が減った気がする

2、より薄味が好きになった

3、食後にお腹が重くなることが減った

 

という体感を、2週間くらいで感じました。

 

 

食事中にジュースやお茶など、水分を取ると、胃液が薄まってしまうことが考えられるので、食事中はあまり水分は取っていません。

その分、食事以外の時間で水を飲むようにしていました。

 

おそらく、その効果も相まっていると考えています。

 

体感的には、やはり日頃の水分摂取も、咀嚼と連動して大切かもしれない。

と感じました。

 

↓併せて読むとうれしい

水を2リットル飲むのはどんな効果があるの?注意点やコツも紹介します。

 

 

 

ただ、デメリットがあります。

それは、普段の食事より時間がかかること。

 

「昼休憩にそんなご飯に時間かけたくなっ!!」

という方もいると思います。

 

 

そういう方は、

「朝食だけ」

とか、

「夜ご飯だけ」

とか、

「とりあえず、このおかずだけ!!!」

という風に、

 

劇的にハードルを下げたところからのスタートをオススメします。

なぜなら、継続が1番大事なので、頑張って欲しくないからです!

 

 

 

やっぱり継続が大切

水を1日2リットル飲む。

というのもそうですが、続けることが大切です。

 

水を飲む習慣はアプリの力を使いながらできるようになりましたが、

咀嚼は油断すると忘れていまします。

 

 

ですが、

咀嚼回数を増やすのは、

お金もかからず、効果が出やすい健康法の1つです。

 

 

できることを少しずつしよう。

 

あなたのカラダは、あなたが責任を持ってくださいね!

 

 

少しでも健康に近づくように願っています。

 

 

 

 

↓併せて読みたい

青竹踏みってどんな効果があるの?使い方も紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です