ストレッチポールの使い方を紹介!ストレッチのサポートをする6つ

ちょっと前に、
「ストレッチポールの使い方を紹介!まずはやっておきたいベーシック種目8選」を記事にしました

↓コレ




今回は、ベーシックから一歩進んで、
「アドバンス編」をご紹介します。



ストレッチポールは乗ってるだけでもいいんですが、
ストレッチのサポートに使うこともできます。


「転がる」という特性を利用して、
より遠く・より先へとカラダをリードしてくれます。





ストレッチの強度高めですが、
是非ともチャレンジしてみてください!

でも、全部やると大変だと思うので、気になった種目からやりましょ。





そして、
ワンランク上のカラダを効率よく手に入れましょう!





↓マッサージ編はこちら








腰を丸めてストレッチ

脊柱菅狭窄症
反り腰
腰の疲労回復


両膝を抱えても腰のストレッチを感じれない人は、
ストレッチポールで高さプラスして、しっかり伸ばしましょう

反り腰の方には是非ともやってほしいですが、
朝に腰をバキバキならしたくなる人もやりましょう。


気持ちよければ、2〜3分キープしましょう。
腰が軽くなるのを感じられますよ。



わき腹〜腕の付け根

ねこ背
姿勢改善
血流促進


骨盤から肘の距離を遠くにするように、ポールを転がします。
みぞおちの向きを微調整すると、より広い範囲のストレッチを感じれるので、
動画のようにカラダの向きを変えてみてください。

「骨盤から腕が生えている」
という感覚がつかめると思います。


強度が高めなので、
呼吸が止まらない範囲で30〜60秒伸ばしましょう。

これだけでカラダのスッキリする感じがわかると思います。



胸のストレッチ

巻き肩
呼吸をひろげる
デスクワーカーに


コツは、肘をゆるめたまま、視線を反対に向けること。
ポールに置く前腕の位置をすこし変えるだけでも、のびる部位が変わります。

気持ちいいと感じれる位置をさがしてみてください!
基本は、トップバストとポールをの置く手のラインをまっすぐにすること。


30〜60秒ほど、ぐいーっと伸ばしましょう。


ももウラのサポート

腰痛
姿勢改善
足のむくみ


前屈のストレッチですが、ポールをアキレス腱のしたに置くと、よりのばせます。
おじぎするよりも、踵とお尻の距離を遠くにするように、引き離した状態をつくってから、上半身を脱力するようなおじぎをします。

さらに余裕があれば、足ウラを掴むよう背すじを伸ばす。
かなーりストレッチできます。


呼吸が止まらないように30〜60秒ストレッチ


開脚のサポート

歩幅を広げる
歩行の改善
開脚できるとカッコいい


けっこう上級者向けです。
開脚のコツは、足幅を広げるよりも、骨盤を立てること!
腰があまり丸まらない範囲で足を広げましょう。

ポールの転がりを利用して、手を遠くに送り出すように伸びを強めていきましょう。
これができたら、カッコいいです。


伸びをしっかり感じて30〜60秒キープ




↓キツイ方はポールがなくてもできるこちらを。







お尻のストレッチ

坐骨神経痛
O脚
腰痛


これも強度が高めです。
膝にみぞおちを預けるようにおじぎをします。

おじぎをすると、腰が丸まりやすいですが、
ポールの転がりを使うと、腰がのびる分、お尻のストレッチが強烈になります。

男性は特に硬くなりやすいので、
しっかりのばしたいですね。


30〜60秒キープ。



↓ポールがない人は、こちら。




まとめ

ストレッチポールは、とりあえず仰向けに乗っていれば
ラクで、気持ちよくて、効果が出やすいです。



ですが、
一歩先にいくためには、ストレッチのバリエーションを増やしてみるのもオススメです。



「気持ちいいなぁ〜」
「これ、気に入った!」

というのは、カラダが求めている証拠かもしれません。



強度が高めのものが多いので、ムリをせずに、気持ちいい部位・強度を探しながらやってみましょー


これだけで、長年困っていた症状がラクになったりするかも。
(実際に、そういう方います。)




↓基本的な使い方はこちら





↓ストレッチポールが欲しくなっちゃった方は、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です