コワーキングスペース五番地、トレーニングジムの詳細!

 

宿泊型コワーキングスペース五番地。

山梨県南部町というところにあり、

とてもザックリいうと、富士山の西あたりにあります。

 

文字通りですが、

宿泊もできる!

コワーキングスペースもある!

さらに、トレーニングジムがある!!

 

パーソナルトレーナーをやっている身としては、むしろここが一番重要!

 

 

今回は五番地のトレーニングジムにフォーカスして紹介するよ!

 

 

 

 

広さや、利用できる器具は?

ベンチプレス台

パワーラック

スミスマシン

ケーブルマシン

が、メインのプラットフォームです。

 

だいたい5人くらいいると満員かな、という感じになりますが、

多い時には8人でワイワイと盛り上がりながらトレーニングをしていました。

 

天井が高く、大きいファンがあるので空気の循環がしっかりされています。

寒さの強い時期はあまり感じないかもしれませんが、

暑い時期の空気循環は、トレーニーにとっての死活問題!

筋トレして体温上がっているのに、インターバル中に下がらないのはシンドイ上に、次のセットの集中力にも関わってきてしまいます。

(マニアックでごめんね!)

 

 

 

ベンチプレス台

ムダな機能がないシンプルなタイプのベンチプレス台です。

シャフトは20kgのオリンピックバーですので、高重量でも安定して扱う事ができます。

 

ただ、バーのストッパーの高さが変更できないタイプなので、小柄な方や、幅を広く持ちたい人にとってはラックから外しづらさを感じるかもしれません。

僕は、身長175cm、第2ナーリング(バーについている滑り止めが無い部分。左右均等にバーを持つための目印となる)と、

小指を合せてベンチプレスをしたのですが、ちょうど良い高さだと感じたので、問題なくできました。

 

 

パワーラック

こちらも、ベンチプレス同様シンプルなタイプですが、バーはしっかりとオリンピックバー。

多分、140kgくらいつけてもしなることなくトレーニングができる優秀なバーです。

 

正面に鏡が置いてあるのがとてもありがたい!

鏡は小さく見えると思いますが、実際にスクワットすると、鏡に映った両膝も、両足もを自分でしっかり確認できるので、問題なしです。

ちなみに、正面のプレハブが暗い色合いなので、夜にトレーニングをするときは鏡がなくても、

窓が鏡がわりになって、自身のフォームチェックができます。

 

 

 

スミスマシン

スミスマシンとは、バーベルの両サイドで動きが制限されているもので、

マシントレーニングのように軌道は固定されていないが、自由度が高いという、

マシンと、フリーウエイトの中間のようなツールです。

スミスマシンは稀に、バーのぐらつきというか、遊びがでてしまいトレーニングをしていて気持ち悪い場合がありますが、

五番地のスミスマシンは、安定性が高いので高重量でも不安なくトレーニングが可能です。

 

横から見ると、バーの隣に安定性を高めてくれる支柱があります。

(わかる?マニアックでごめんなさい)

 

しかも、チンニング(簡単に言うと懸垂)ができる機能も付いているので、これ1台で全身を網羅することも可能です。

 

 

 

ケーブルマシン

バーベルでは効かせずらい部位にも刺激を入れられるケーブルマシン。

こっちもチンニングはできますが、パラレルグリップでもできるので、腕橈骨筋の力も使いながらより背中が追い込めるね!

(マニアックでごめんね!)

重量も問題なし!

まぁ、1番下まで重量使ったことないですけどね…

 

 

何よりすごいと思ったのが、アタッチメントが多い!

かなり多彩なトレーニングもできる…

初めて見るアタッチメントもある…

創設者の方の熱意が感じられる…

 

 

 

 

ダンベル

ラックの乗っているのが、12kg〜30kgのダンベルです。

マットにおいてあるダンベルが、1kg、3.5gkg、6kg、11kgの4種類があります。

 

あえて1kg〜10kgのダンベルのセットを用意せずに、12kg〜30kgのセットを用意するところに、

どれだけ創設者がトレーニング好きかが伝わる…

 

 

 

フラットベンチ

台の高さは8段階変更ができる、プロモデル。

一番上が90度ではなく、85度くらいというのがとても重要!

ショルダープレスなどで高重量を扱うときに90度だと腰の反りが強くなりすぎてしまうし、肩甲骨のスムーズな軌道が阻害されてしまうのですが、

このフラットベンチなら安心です!!

(マニアックでホントごめんね!!!)

もたれかかったときに骨盤を少し包むような構造になっているので、平坦なシートよりも、腰の安定性が高いタイプです。

多分、結構高いモデル使ってると思う…

五番地すごい…

 

強いていうなら、座る部分の高さが1段階しか変えることができないので、

インクラインの種目をするときにお尻が滑りやすいかもしれません。

これがMAXの高さです。

 

ですが、シートのクッション性もいいし、家に欲しい…

 

 

 

その他ツール

EZバーがあるので、上腕二頭筋の長頭・短頭にも刺激を入れられますし、(マニアックでごめんなさい!)

ストレッチポール、ヨガマットもありました。

ヨガマットは、おそらく厚さ3mmのもので、薄型です。

腹筋ローラーもあるので、インスタ映えできる写真が撮れます!(たぶん)

 

あと、1番最初に感じたのですが、

プレートの量がかなりあります!

ベンチプレス100kg

スクワット140kg

デットリフト150kg

全て同時にできるくらいの重量があると思います。

要は、ヘビーユーザーがまとめて来ても安心できますよ!

 

 

 

結果、五番地のトレーニングジムはすごい

コワーキングスペース・宿泊場所・トレーニングジムが10秒くらいで行けてしまうこの環境。

日本に他にないのではないでしょうか?

 

目の前には小川

夜は街灯も1つしかなく、星がキレイ

遊びに行くところもなく誘惑が少ない

フリーランスの同士の繋がりが生まれる

 

自分の生活すら見直すキッカケになるコワーキングスペース、五番地。

今回は3泊だけでしたが、次回は最低でも1週間は滞在したいと思います。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です