フリーランスなら知っておこう!FREENANCE(フリーナンス)の知っておくべき3つのポイント

 

フリーランスをしている悩みのひとつが、請求金額の振り込みがクライアントによってまちまちであること…

仕事は完了して、クライアントも喜んでくれているのに、入金がなかなか完了しない…

 

口座を確認して、「まだ、入金されていないのか…」とガッカリしたり、

もしかして忘れられてる?未払いで逃げられてない?なんて、余分な不安を感じてしまうこともあります。

 

そんなフリーランスにオススメしたいのが、

「FREENANCE(フリーナンス)」というサービスです。

クライアントに代わって、即日支払いをしてくれます。

 

これって、すごくない?

 

 

フリーナンスとは

1、先方にフリーナンスを利用していると知られない振り込み専用口座ができる

2、仕事中の事故や、著作権侵害、など、フリーランス特有事故の保証

3、請求書を買い取って、その代金を即日振り込んでくれる

 

ひとつずつ説明します。

 

 

1、振り込み専用口座

本人名義だけでなく、会社名やペンネームなど、好きな名前をつけることができるので、

本名を知られたくないフリーランスや、ペンネームで活動している方にありがたいサービスです。

 

フリーナンスの口座をクライアントからの振り込み口座にしておくと、

  • 反社会勢力のデータベースに乗っていないという証明
  • 万が一の場合、発注先のクライアントも守られる

という信用につながります。

 

口座の維持手数料も、口座の利用も無料で利用ができ、

毎週の指定の口座に振り替えられる仕組みですが、その手数料もかかりません。

 

好きな名前で口座を作ることができ、

要はクライアントさんの信用につながり、

専用口座から、自身の口座への振り替えの手数料もかからない。

 

これらすべてが無料で利用ができます。

 

これって、すごくない?

 

 

2、あんしん保証制度

業務遂行中の事故:ドローン撮影中に突風で操作不能になり、怪我をさせてしまった

仕事の結果の事故:自身の作品が割れ、その破片で相手に怪我をさせてしまった

受託物の事故:商品レビュー用に預かっていたものを壊してしまった

 

そんな事故から最高で5000万円の補償が付きます。

 

他にも、

情報漏洩:使用するパソコンにウイルスが感染し、情報が漏洩。それにより発注者に損失が生じた

著作権侵害:納品した作品が、著作権侵害にあたり損害賠償請求を受けた

納品物の瑕疵:納品したシステムに不具合が生じ、使用できない期間の代替手段に関する費用が発生した

納期遅延:急な入院により納期に間に合わず、顧客に損害が発生した

 

などの場合も補償の対象となり、最高で500万円の補償が付きます。

 

フリーランスのありとあらゆる不安をサポートしてくれる、まさにあんしん補償!

 

機材を使う、事故による怪我や不履行、作品の制作をする、作品を預かることがある、パソコンにウイルスが感染する可能性がある…

これって、ほとんどの人に該当するのでは?

 

 

3、即日払い

取引先の都合によっては支払いが1ヶ月以上先になってしまうこともあると思います。

そんな時は、フリーナンスがあなたの請求書を買い取って、その代金を最短即日で振り込んでくれます!

しかも、クライアント先には知られない仕組みなので、

クライアントにバレてしまうかな?という気を使うことなく、先にお金を受け取ることができます。

 

ただし、手数料が3.0%〜最大で10%でかかりますが、

買取金額は1万円〜300万円まで。1万円という少額から対応してくれるのは業界最安値(2019年4月現在)ですし、駆け出しのフリーランスという方でも利用しやすい金額設定だと感じます。

使用していくと信用スコアが上がっていき、即日払いの限度額が上がったり、手数料が低くなっていいく仕組みなので、積極的に利用していきたいですね!

 

 

報酬の全額を受け取れないというリスクを抱えるよりも、数%の手数料を払ってでも確実に受け取れる。

フリーランスが増えるにつれて、確実に報酬を受け取れるメリットに魅力を感じる方も増えていくかもしれません。

元から数%をプラスした金額で仕事を請け負うことができれば、実質負担なく安心感を得ることができますね!

 

 

このサービス作った人、天才じゃね?

 

 


 

フリーランスがもっと働きやすくなる

支払い口座をペンネームで設定できる。

フリーランス特有の事故から幅広く守られる。

即日払い対応してもクライアントに知られることがない。

 

フリーナンスという、フリーランスに寄り添ったサービスが生まれました。

 

自分の得意な分野だけでなく、営業やマーケティング戦略、請求書の作成や税務知識。

フリーランスにとって必要な力は多いですが、

クライアントの未払いや、突発的な事故など、自分では対応できない不安から守ってくれるという安心感はとても大きいと思います。

 

 

メディアによると、今の日本に1200万人のフリーランスで活動している方がいらっしゃるそうです。

日本の労働人口の20%ほどになるでしょうか。

 

アメリカでは労働人口の50%ほどがフリーランスになる日も近いと言われています。

 

まだまだフリーランスというと、

ローンが組めない・クレジットカードが作成できない・賃貸契約ができない…

まだまだ社会的信用が低い一面があります。

 

ですが、フリーランスだって頑張っているんです!!!!!

 

そんな働き方をしている人が増えるにつれて、

賃貸契約をしやすくなったり、

信頼が増えることでローンを組むことや融資を受けやすくなったり、

社会的な認知が向上していくサービスがより生まれてくるかもしれません。

 

フリーナンスはその第一歩になるのでは?と思っています。

 

いずれは、「フリーナンス」のサービスのように、多くの人が安心して働ける、より社会的に認められるような社会となっていくことが楽しみです。

 

 

↓登録はこちらから


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です