iPhoneアプリ「ヘルスケア」がオススメできる!



iPhoneにデフォルトで存在しているアプリ「ヘルスケア」

使ったことはあるでしょうか?






↓左上のやーつ



存在だけは知っていたものの、使ったことはありませんでした…




Apple Storeで行われている「today at apple」

Apple製品の使い方や、コツをレクチャーしてくれるセッションに、
30分間のヘルスケアについてのクラスがあったので、受けてきました。



今回は、そこで学んだことを記事にしました。





・健康管理がカンタンにできるアプリを使いたい
・スマートに日々のログをとりたい
・ちょっと興味がある


そんな方、読んでみてくださいねぇ〜





設定せずとも、歩数などわかる

アプリを起動して、下端にある「今日」を開くと、

こんな画面が出てきます。



「ウォーキング+ランニングの距離」
「歩数」
「上った回数」


この3つがなにも設定しなくても、わかるようになっています。


iPhoneを持って動くだけで、自然と計測してくれるようです。


使った感覚としたら、「上った回数」に関しては多めに計測されているように感じる…


でも、「距離」「歩数」は実際と似た数値になっていると思います。




他のアプリと連携できる!

アプリ画面の下端「ヘルスケアデータ」を開くと、

こんな画面が出てきます。


「アクティビティ」や、「栄養」などタップすると、Appleがオススメするアプリ欄が出てきますが、
オススメに出ている全てが「ヘルスケア」アプリに対応してしているわけでないので注意!


実際にアプリのページを見て対応しているかチェックしてくださいね。



iPhoneと連動ができるアプリで、
実際に使ってみて良かった2つを紹介します。





熟睡アラーム

名の通り、睡眠中に利用するアプリ。

使用方法はベッドに入る時にスマホをベッドに乗るよう側に起き、アプリを起動して、そのまま寝るだけ。

アラームミュージックも多彩で、目覚ましとしても利用できます。

翌日に目覚ましを止めると、すぐに集計画面が出てきます。

どんな睡眠リズムをとっているのか知れるのは面白いです!


一週間分くらいデータを取ると、自分の傾向がわかるので、生活リズムが乱れやすい・眠りが浅い気がする、そう感じている人は使ってみてはいかかでしょう。


使用してみて、眠りが浅いと判断されるときは、やっぱダルさが残るし、眠りが深いと判断されるときは、快調!
使用している体感としたら、信じて良さそうです。



集計しながら、自分の睡眠のクセを知りましょう!
レム睡眠とノンレム睡眠は90分前後で繰り返されるので、眠りが深いノンレム睡眠が少ない場合は、
・スマホなどのブルーライトを浴びすぎ
・食事が遅く、胃の中の食べたものが負担になってる
・枕があっておらず、呼吸が浅いかもしれない

などが原因かもしれません。



他にも、
ベットに入ってから深い眠りまで90分以上かかる場合は、
寝付きが浅いかもしれないので、寝る前に意識をしてリラックスをしたり、


朝方に目が覚めてしまう方は、寝る前の水分摂取が多い・水分排出が弱い影響かもしれないので、寝る2時間前には水分・カフェインを取らない。


などなど、

睡眠のリズムから、ご自身のクセをみつけてもいいと思いますっ!

人生の1/3を占める睡眠。
ここを制するものが人生を制するっ!!!








かもしれない。







注意点としたら、バッテリーの消費を一晩中し続けるので、充電しながら使うのが必須です!

充電ケーブルが枕元に届かないと使えないかも…




Waterlogged

一日どのくらい水分取れてますか?を記録できるアプリ。

これ使い出して、水分摂取の意識ができるようになってから、調子良くなった!


マジで。


摂取した水分量をタップして、目標に近づけていきます。(僕は2リットルに設定)



LINEの通知があるときに、ホーム画面のアイコンに数字がつく。


それと同じように、ホーム画面のアプリのところに「あとどのくらい水分取れば達成できるか?」の数値が出ます。


↓こんな感じ


ホーム画面みるたびに水分摂取のことが頭をよぎるようになるので、自然と水分摂取の意識ができるようになりました。

乾燥しない・お通じいい・とりあえずなんか調子いい。
って体感を1週間くらいで感じました。


使った方がいい。

マジで。


↓水分摂取にかんしてはこちらの記事をどーぞ




便利な世の中です

アプリを入れた上で、「ヘルスケア」の中から連携設定すると、睡眠時間も水分摂取も一括表示されます。

Apple Watchを持っている方はより精度が高いですし、iPhoneだけでは計測できない内容も記録されます!


Apple Watchつけたまま運動すると消費カロリーの数値が出たりします。
ちょっと買おうかと思っちゃったよね。






生活に追われるようになると、自分のカラダに意識が向かなくなりますが、
負担が少なく自分のカラダに意識が向くようになったのは大きな収穫でした!





改めて自分の生活習慣を見直すキッカケにもなります。


使ってみてはどーでしょ?



調子変わるかもしれませんよ!

マジで。
↑しつこい



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です